「自分軸」が大人のアトピーが改善の秘訣!?

大人のアトピーの方は、とても優しくて、繊細な感性を持っているがゆえに、周りの人が自分のことをどう思っているのかが気になって仕方がなくて、ストレスをためこんでしまうという面があります。

私も昔はそうでした。

学校では、友人や先生から好かれようとして好きでもないことを嫌々していました。

生徒会に入ってくれ

と先生に頼まれた時も本当に嫌だったんですけど、断れないんですよね。

断ったらどう思われるかが気になって。

そういった常に他人に影響されてきた人生だったから大学生になったときに、私の身体にアトピーとなって「それでいいのか!」という風に警告してきたのだと思います。

確かにアトピーになっていなければ、自分がこれまで他人軸で生きてきたなんて気づきもしませんでした。

多くの人は、自分がどう生きたいかどう生きるかよりも、人からどう見られるかを意識しています。

でも、こんな人生に自分というものがありません。誰かの人生を歩んでいるに過ぎないのです。

本当の自分を知る

では、どうすれば自分の人生を歩めるのか、つまり、他人軸ではなく自分軸で生きられるのか。

まずは、「本当の自分を知る」ことです。

今までのあなたは周りの環境が作り上げたあなたなのです。こうあるべき、こうしなきゃダメだという他人軸のあなたなのです。

本当のあなたではありません。

なので、本当の自分、ありのままの自分というものを理解し、そして、認めて、愛する必要があります。

自分というものがなければ、あなたはまた周りに流される人生になってしまいます。

自分を知ることに終わりはありません。自分を知れば知るほど、周りに影響されなくなり、本当の自分として生きることができます。

そして、これまで悩んできた人間関係のストレスもなくなっていきます。

といのも、本当の自分というのを知ると、周りの人が何か言ってきても、「へー、そんな考えもあるんだー」ぐらいにしか思わなくなるんですよね。

「内観」をする

では、どうすれば自分を知ることができるのかというと、動物占いをしたり、人に聞いてみたりなどのいろいろな方法がありますが、一番最初は「内観をしてみてください。

内観とは、静かな部屋でリラックスして、紙とペンだけ持って、じっと目をつぶって、これまでの人生を振り返って自分の行動や発言を客観的に思い返してみることです。

そうすることによって、自分とはどんな人間であるのか、これまでどういう人に影響されてきたのかがわかるようになります。

せっかく、周りの人の気持ちを汲(く)んで、優しく接することができるという素晴らしい才能があるんですから、今度は自分に対しても、優しく向き合って、自分はどうしたいのか、どうありたいのかを考えてみてください。

何事も自分軸で考え、行動するということを意識してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|