大人のアトピー性皮膚炎の原因はストレス!?

大人になって急にアトピーになりました。大人のアトピーの原因は何ですか?

こういった疑問にお答えします。

結論からいうと、ストレスです。

多くのアトピー性皮膚炎の人は、子供のころからのアトピーの人と同じように皮膚科に行き、ステロイドを処方してもらいます。

僕もそうでした。

そして、ステロイドの副作用により治っては再発を繰り返し、どんどん強いステロイドを処方されることになるのです

まさに地獄です。

そんな物凄く辛いアトピー性皮膚炎ですが、繰り返さないコツはストレスとうまく付き合うことなのです。

確かに、食べ物や飲み物を改善することでもある程度治るんですが、そのままでは再発してしまう可能性があります。

根本的な原因は内面にあるのです。

いらいらして、知らない間に肌をどんどんかきむしってしまうのです。

しかし、ストレスとうまく付き合うのはとても難しいですよね。

なので、今回は、ストレスをコントロールする方法を紹介したいと思います。

1.ストレスの原因となっているものをアウトプットする。

あなたがストレスの原因であると思っているものを紙に書きだしてみてください。

  • 部屋が汚い
  • 上司が文句を言ってくる
  • 部下が仕事をできない
  • 仕事の休みがとれない
  • 仕事のやりがいがない  など

上司とうまくいっていない

2.アウトプットしたものを1つ1つ排除する

1で紙に書きだした項目を一つ一つ生活から排除してください。

部屋が汚いのであれば、部屋を掃除してください。

上司が嫌なのであれば、転職してください。

もちろん、できない部分もあると思いますが、他人が原因で自分がストレスでアトピーになったら元も子もありません。

できる限り、付き合う人を選ぶようにしてストレスの原因となる人とは付き合わないようにしましょう。

なので、最初はできることからでもいいので、ストレスとなっているものを取り除いてくださいね。

排除する

3.考え方を変える

多くの人は、自分に不都合なことが起こった時にストレスを感じます。

なので、自分の都合の良いように解釈してしまえばいいのです。

出来事には意味はありません。

その出来事に対して、自分がプラスの解釈するか、マイナスの解釈をするかなのです。

上司が自分に対して厳しく言ってくることがストレスになっているのであれば、それは上司が自分のことを期待してくれているから厳しく言ってくるんだと解釈するのです。

そして、上司に対して感謝してください。

感謝することで、脳からセロトニンと呼ばれる幸せホルモンが出て、ストレスを消し去ってくれます。

感謝する

4.丁寧に運動する

僕がおすすめしている運動はウォーキングヨガです。

アトピー性皮膚炎の場合、汗をかくとひどくなる場合が多いので、激しい運動よりもウォーキングやヨガのようなゆっくりとした運動がいいです。

コツは、丁寧にひとつひとつの動作をすることです。

そうすることで、気の乱れが収まり、ストレスが軽減します。

一日中、丁寧に行動することを意識してみてくださいね。

ウォーキング

まとめ

ストレス解消法を4つ紹介しましたが、いきなり全部やる必要はありません。

これをやることがストレスになったら意味がありませんからね。

なので、まずはひとつだけでもいいのでやってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|