大人のアトピー改善には「瞑想」がいい!?

大人になって急にアトピーになりました。色んな方法を試しましたが、全然治りません。何か良い方法はありますか?

こういった疑問にお答えします。

私は19歳のときに突然、重度のアトピーになりました。1年間、様々な治療法を試して無事完治することができましたので、その中で効果があった方法をご紹介します。

「常識」がアトピーの原因

多くの人は自分にないものを外側に求めすぎています。

家だったり、車だったり、服だったり、スキルだったり、性格までもそれはもう色々です。

実は、学校教育や社会、マスコミによってこうなるような洗脳マーケティングを仕掛けられているから、仕方のないことなんです。

そのせいで、私たちは、自分にないものを外側に求めること、つまり、他人軸で生きることが常識になってしまっているのです。

アインシュタインも言っています。

アインシュタイン
常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションだ

と。

本当にそのとおりなんです。

でも、この常識通りに、他人軸で生きている限り終わりはないし、心から満たされることはありません。

私は、このことに気づき、自分軸で生きるようになってから、私のアトピーはどんどん治っていきました。

なので、一度、今までの常識を疑ってみてほしいのです。

しかしながら、人間は幼少期から植えつけられた価値観や常識をそう簡単に変えることはできません。

常識を変える方法

では、これまでの価値観を変えるにはどうしたらいいのでしょうか?

色々な方法がありますが、最も簡単な方法は『瞑想』です。

瞑想は、問題や状況に巻き込まれずにそれをただ眺めるすばらしい方法です。

私は瞑想でアトピーを治したといっても過言ではありません。

ステロイドを塗ってみたり、ビタミン剤を飲んでみたり、断食してみたり、などなど、お医者さんに言われたことやネット上で書かれていることを試してみても本質的な解決にはなりませんでした。

治ったと思っても、すぐに再発してしまうんですよね。

それは、本質的な原因を排除できていないからなんです。

大人のアトピーは近年の病気

実は、大人のアトピー性皮膚炎という病気は、昔はありませんでした。

ここ近年の病気なんです。

この情報化社会が産んだ病気だと私は考えています。

頭の中が色々な情報であふれていて、整理されていないため、色々なストレスを知らぬ間に抱えた結果、このような病気が生まれたんだと思います。

瞑想は、距離をとって新たな目と新たな理解で問題を見たり、もっと健全で有益な結果を得るためにどこを変えるべきか考えるチャンスをくれます。

外側の世界のストレスが多すぎて不安に押しつぶされそうになったら、立ち止まってみてください。

そして、その原因について考えてみてください。

あなたは日々のストレスや緊張から抜け出すための時間を作る必要があるのです。

瞑想は健康にも良い

さらに、瞑想は健康全般にプラスの影響を与えます。

たとえば、瞑想して得られるリラックス感と安らぎは、血液を下げてくれ、免疫力を高めてくれます。

瞑想は全般的な幸せと同じくらい、あなたの身体的エネルギーを高めてくれるのです。

ストレスから解放されると、アトピーだけでなくそれに関係する慢性的病気も消えていきます。

今すぐできる瞑想の方法

では、今すぐできる瞑想の方法を紹介しようと思います。

  1. 誰もいない無音の部屋の中で椅子に座ってください。
  2. 目を閉じて、ゆっくりと呼吸し、すべての緊張を静かに吐き出してください。
  3. 呼吸に集中して、丹田式呼吸法を5分間行ってください。
  4. 普通の呼吸に戻し、5分間、自分の身体がきれいになった状況をありありと思い浮かべてください。
  5. 少しずつ、意識を戻していき、目を開けてください。
丹田式呼吸法とは

丹田(へその下)を意識しながら、7秒かけて息を吐いて、7秒かけて息を吸って、7秒間息を止める

以上、簡単にアトピー用の瞑想法をご紹介しました。

瞑想を習慣化することによって、今まで常識だと思っていたことでも「ちょっと待てよ」と思えるようになってきます。

健康にもすごくいいので、ぜひ、やってみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|