「断食」で大人のアトピーが治る!?

断食でアトピーが治る

断食という言葉を何度か聞いたことがあると思いますが、どんなイメージをお持ちでしょうか?

おそらく、修行僧がやっているイメージではないでしょうか?

アトピーと断食

断食とは、簡単に言うと、一定期間、食事を意図的に絶つことをいいます。

断食をすすめているお医者さんの多くは、三度の食事に疑問を持っている人も多く、それが健康を損ねているとも言っています。

断食によるアトピーへの効果

一般的に、断食にはダイエットの効果があると言われています。

実は、断食にはアトピーの人に足りない

  • 自然治癒力を高めてくれたり、
  • 胃や腸の環境を整えたり

する効果があります。

では、具体的なアトピーへの効果についてみていきましょう。

1.胃や腸を休ませることによる免疫力アップ

現代人の大部分は、食べ過ぎや偏った食事によって、内臓を使いすぎています。

食べるという行為はかなりのエネルギーを費やします。そして、胃や腸に膨大な負担をかけてしまっているのです。

アトピーは、免疫力が弱いことで発症しやすくその免疫力の約8割が腸内環境の汚れ具合で決まると言われています。

アトピーと腸内環境

断食により、腸を休ませる時間を持つと、腸内環境が整い免疫力を強くすることが出来ます。

断食を行うことで免疫力がアップすると、自然治癒力も高まります。

食事を断つことで、体内にあるエネルギーを使って自分自身で傷などの修復を行えるようになるのです。

2.毒物・老廃物を排出する

私たちは毎日の食事から、添加物や化学物質などの身体には悪い影響を与える物を身体に取り込んでいます。

アトピーでステロイドなどの薬を使用している人は、これらからも毒物を取り込んでいるのです。

これらの化学物質は、腸の中の宿便となって、体内にどんどん蓄積されていきますが、断食を行うことによって、宿便が体外に排出され、腸内が綺麗になります。

宿便が排出されることによって、腸内環境も整って免疫力が上がります。

人によっては赤い湿疹が出たりしますが、これは、皮膚から毒物や老廃物を排出したためです。

3.ストレスが軽減する

現代は、ストレス社会といわれているように多忙な毎日に追われ、誰しもが何らかのストレスを抱えて、過ごしています。

仕事のプレッシャーや人間関係が原因で、精神状態が悪くなる人も多いと言われています。

そんな時も、断食はとても良い効果を発揮してくれるのです。

断食をすることにより、腸内環境が整って、第二の脳と言われる腸から、幸せホルモン(セロトニン)が分泌されます。

セロトニンのおかげで、心身共に健康的になりストレスを消し去ってくれます。

私の場合も、身体の毒素を抜くために断食を始めたのですが、結果的に心の浄化
にもなり、
本当の自分に戻れたような気がしています。

具体的にどうやるの?

では、断食はどうやってするのかというと最初から何日も断食をするとストレスがたまってアトピーが悪化してしまいます。

慣れるまでは一週間に一度だけ断食することをおすすめします。そして、水は普段より多めにとってください。

一週間以上の断食をする場合は危険なので、専門家の指導のもとにしないといけません。

私の場合は、日曜日を断食をする日決めています。

そして、腸内洗浄のために、ただの水を飲むのではなく、レモン水を飲んでいます。

レモン水を飲むことによって、腸内洗浄が促進され、腸内の環境を良くしてくれます。

断食の方法は、簡単なものから本格的なものまでありますが、まずはできるところから始めていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|