朝食が大人のアトピーの原因!?

今日は「朝食」がアトピーの原因、もしくはアトピーを悪化させる原因かもしれないというお話をします。

え!?私は小さい時からお母さんから毎日朝ごはんをしっかり食べなさいと言われてきました。間違っていたんですか?

そう思う方がほとんどだと思います。

私もそう母親から言われてきましたし、今でも言われます。

「最近、ひどい頭痛がする…」
「常に全身が疲れている…」
「寝ても寝ても眠たい…」

という方は、もしかすると毎日十分な朝食を摂っているのが原因かもしれません。

もし、あなたがこれからも朝食をおなかいっぱい食べてしまうとアトピーに限らず、あらゆる生活習慣病になる可能性が高くなります。

逆に言えば、朝食を抜く、あるいは果物や生野菜だけを食べるようになれば、そういった病気になることはないということです。

昔は一日二食だった

もともと日本人は朝食を食べる習慣はありませんでした。

明治の頃から少しずつ食生活が変わり始め、戦後になって、

「朝食を食べないと不健康になるよ」
「朝食は毎日十分に摂りましょう」

といったマスコミによるマーケティング戦略がされ始めてから、朝食を食べる人がどんどん増えてきました。

それと同時に、日本人の死亡原因や病気の種類も大きく変わってきました。

特に、ガンや糖尿病などの生活習慣病や心不全などの血液系の病気が増加したり、大人のアトピー性皮膚炎などの今までなかった病気も出てきました。

もちろん、焼肉やラーメンなど加熱調理したメニューの食事、夜遅い時間の大量の食事、スナック菓子の食べ過ぎといった乱れた食生活にも問題はあると思います。

ですが、私は「朝食」もその一つだと考えています。

では、具体的にどうすればいいの?

では、これから私たちはどうすればいいのか?

それは、

・生の野菜や果物をとる
・フレッシュジュースを飲む

これだけです。

私の場合、朝食は摂らず、レモンジュースを500mlをゴクリと飲むだけですが、いきなり朝食を抜くと身体もびっくりしますので少しずつ減らしていきましょう。

果物はとても朝食に合ってます。

果物はほとんどが水分でできており、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • エンザイム(酵素)
  • ファイトケミカル(抗酸化物質)
  • 果糖
  • ブドウ糖

など栄養学的に見て、かなり朝食に適した食べ物です。

消化酵素が活性化するお昼までの時間はこれだけで十分です。

アトピーが全然治りません…

という人は、今まで正しいと思っていた習慣や常識をもう一度見直してみてください。

朝食」もその一つです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|