貯金すると必ず損をする!?【アトピーとお金のストレス】

お金によるストレス(借金など)でアトピーが悪化したり、アトピーを繰り返したりするケースがとても多いです。

大人のアトピー改善には経済的に自由になることが大事になってきます。

72の法則

72の法則」というのを聞いたことはあるでしょうか?

知らない人はおそらくこの先、経済的に自由になることはできないと思います。

『72の法則』とは、「72÷年利=□年」の式で表され、複利で運用した場合、何年で資産が2倍になるかを計算できる式のことをいいます。

例えば、今の日本の銀行預金の年利が0.1%だとすると、

72÷0.2=720

となります。

どういう意味かわかりますか?

銀行に100万円預けたら、「2倍になるのに720年かかるということです。

気が遠くなりそうですね。

でも、貯金してもマイナス金利じゃない限り、損することはないじゃん!

と思う方がいらっしゃると思います。

貯金すると損をする

今、アベノミクスで物価上昇率2%を目標としていますよね。仮に、その目標が達成されたとします。それで、銀行預金の年利が0.1%とします。

するとどうでしょう?

モノの値段は上がるものの、預金残高はほぼ変わらないので、実質的にお金が目減りするんです。

わかりますか?

もうちょっと分かりやすくするために例を出してみますね。

先ほどと同じように、物価上昇率2%と年利が0.1%とします。

そして、今現在、1000円持っていて、ミカンの値段が100円とします。つまり、ミカンを10個買うことができます。

ケース1 ケース2 ケース3
資産の年率リターン 5.0% 3.0% 0.10%
今現在あるお金 1,000円 1,000円 1,000円
今のお金で買えるミカン 1,000円÷100円=10個 1,000円÷100円=10個 1,000円÷100円=10個
1年後のお金 1,000円×1.05=1,050円 1,000円×1.03=1,030円 1,000円×1.001=1,001円
1年後のお金でミカン(102円/個)を買うと、いくつ買える? 1,050円÷102円=10.3個 1,030円÷102円=10.1個 1,001円÷102円=9.8個
5年後のお金 1,000円×(1.05)5
=1,276円
1,000円×(1.03)5
=1,159円
1,000円×(1.001)5
=1,005円
5年後のお金でミカン(110円/個)を買う、といくつ買える? 1,276円÷110円/個=11.6個 1,159円÷110円/個=10.5個 1,005円÷110円/個=9.1個

どうでしょうか?分かりますかね?

ケース3を見てください。

今現在10個買えるミカンが5年後には、9個しか買えないんです。

つまり、目減りしているんですよね。なので、銀行に預けても損してしまうのです。

まとめ

あなたは、何のために貯金していますか?

老後のことはしっかり考えていますか?

今のおじいちゃんの世代は、年金制度や退職金、複利の恩恵を十分に受けているので、老後も豊かに暮らせています。

でも、私たちの世代は、年金や退職金を十分にもらえる保証はどこにもありません。

退職するまでに、退職後の約20年間の生活費のことを今から考えていかなければ
なりません。

明日からでも遅くありません。資産構築のための賢い投資をするなど方法は無数にあります。

海外には年利7%の銀行もあります。ぜひ、現実的に将来のことも考えてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|