アトピーの人が最高の人間関係を構築する方法

多くの人が人間関係によるストレスを抱えています。

「近所のAさんが自分の悪口を言っていた」
「同僚のBさんとあまり上手くいっていない」

など、人間だれしも周りの人にストレスを感じたことがあると思います。

特にアトピーの人はちょっとした人間関係でもストレスを感じやすいのです。

私もそうでしたし、セッションに受けられる方の多くはできることなら部屋にこもっていたいという方でした。

しかしながら、社会生活をするうえで、人とのかかわりは避けては通れません。

ですので、今回は、人間関係が上手く方法をご紹介します

人間関係が上手くいく方法

それはずばり、「相手の話をしっかりと聞く」ことです。

相手の話をしっかりと聞くことは、私たちが素晴らしい関係を築く上でとても大事なことです。

多くの人は意外とやっていません。

私たちは本当の意味で相手の話を聞いていないんです。

「私はちゃんと聞いてます!!」

と思っているかもしれませんが、100%聞いていますか?

おそらく100%ではないと思います。

多くの人は100%寄り添って聞いていないのです。

どういうことをしているのかというと、相手の話している途中で口を挟んで

「あ~、わかる、わかる。そうだよね。私もこういうことがあったんだよね~」

という風に、いつの間にか自分の話をしてしまうのです。

また、他には、自分の過去の経験に照らし合わせて、

「そういうことだったら、君はこうこうこうすればいいんだよ」

という風にいつの間にか自分が話をしてしまい、相手の話をしっかり聞いていないのです。

このように、私たちは自分の立場や考えを主張して、相手の話を聞いていないことがよくあります。

あなたと話した相手はどうなると思いますか?

「あの人はわかってくれない」
「自分の話ばっかり」

となってしまうのです。

もし、今あなたが人間関係で困っているのであればやってほしいことがあります。

人間関係を構築するうえで大事なこと

それは、「ただただ相手の話を聞いてみる」ということです。

相手の話したい話を聞いてあげるのです。

「話してくれてありがとう」

と感謝の気持ちで、他の人の話を聞くようにすると、あなたがアトピーかどうかにかかわらず、職場でも近所付き合いでも恋愛でも、より良い人間関係が築けると思います。

もしこれで人間関係が上手くいかない場合は、相手の人間性に問題があります。

ですので、そういう相手はこちらからお断りしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「アトラボ」の運営者|アトピー専門のライフコーチ|早稲田大学出身|重度のアトピーを独自のメソッドを開発し1年で完治|出版した電子書籍はアマゾンランキング6冠|Podcast番組もカテゴリー別総合ランキング1位|今までのカウンセリング人数は4500人以上|