こんにちは。宇佐美です。

だんだん寒くなってきましたね。

そろそろ肌が乾燥してきて、
かゆくなってきたのではないでしょうか?

さてさて、今日は、お金によるストレスで
アトピーになったり、アトピーがさらにひどく
なったりする人に、お金から自由になる方法を
お伝えしようと思います。

価値の序列

人は誰しも自分の価値観で行動しています。

価値観には、

1.仕事・成功
2.お金(貯蓄・投資)
3.家族
4.人間関係
5.健康
6.教育・学習
7.精神性・スピリチュアル系

の7つの領域があります。

私たちは、無意識にこの価値観に優先順位を
つけています。

これを価値の序列といいます。

価値の序列の中で上位にくるものが
自分にとって重要であり、下位にくるものには
興味がありません。

男性は仕事やお金が価値観の上位にくることが
多いですが、女性は家族、人間関係が価値観の
上位にくることが多いです。

自分の価値観の上位の部分を話す人には好意を
抱きますが、下位の部分について話してくる人
にはあまり関心がありません。

では、ここで、自分の価値観を知るための
ワークをしたいと思います。

自分の価値の序列を知るワーク

1. あなたの部屋にある特に目につくものを
  3つ挙げ、7つの価値観のどれに当てはまるか
  を書く。

 

2. あなたが最も時間を費やしている活動を
    3つ挙げ、7つの価値観のどれに当てはまるか
    を書く。

 

3. あなたが夢中になって取り組んでおり、
    それをしたあとは元気になることを3つ挙げ、
    7つの価値観のどれに当てはまるかを書く。

 

4. あなたが最もお金を使っている対象を
    3つ挙げ、7つの価値観のどれに当てはまるか
  を書く。

 

5. あなたがよく想像して、その中でも実現して
    いることを3つ挙げ、7つの価値観のどれに
    当てはまるかを書く。

 

6. あなたが他人によく話しかける話題を
    3つ挙げ、7つの価値観のどれに当てはまるか
    を書く。

 

7. あなたが最も学びたい、知りたいことを
    3つ挙げ、7つの価値観のどれに当てはまるか
    を書く。

 

8. 1~7までで書いた価値観を回答頻度の
    多い順に並べてみてください。

 

さて、あなたの価値の序列はどうなったでしょうか?

回答頻度の多い価値観があなたが行動する上で、
無意識に大切にしている価値観です。

この価値の序列をみれば、その人がお金持ちか
どうか
がある程度わかります。

価値観の優先順位の上位にお金がない人は
経済的に自由にはなれません。

f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_s

私の場合、アトピーだったころ、
お金がないことに
よるストレスがひどかった
のですが、アトピーがひどくてアルバイトが
できる状態ではありませんでした。

なので、家でできるネットビジネスを始めて
みたり
して、ある程度稼げるようになったの
ですが、手元にお金が全然残りませんでした。

でも、この価値観の序列の話を聞いて、
ワークをした時に価値の序列の上位に
知識・学習、
仕事・成功はきているものの、
お金がきていない
ことが分かりました。

では、
「どうすれば価値の序列の上位に
お金を
あげることができるの?」
という疑問がでてくると
思いますので、
2つの方法を紹介します。

「お金」を価値の序列の上位にする方法

1. お金がなくなって、もうダメだと状況を経験する。
(あるいは、無理やりそのような状況を作る)

 

2. お金があったら、あるいは、貯蓄をしたら、
価値の序列の上位にどのようなメリットがある
のかを200個リストアップする。

 

私は、2でリストアップしながら、
無理やりお金がない状況をつくり、
お金を価値観の序列の上位にもっていきました。

おかげで、管理能力を身に付けざるをえない
状況になり、
意識がお金に向くようになりました。

私の場合は、両方やりましたが、
2だけでも
十分だと思います。

多くの人は収入に目が行きがちですが、
お金の自由を手に入れるには、
いくら稼ぐかは
重要ではありません。

お金をどう管理するかです。

なかなか経済的に自由になれずに、
お金がないことによりストレスがひどい
という人は、
このワークをしてみること
をお勧めします。

<価値の序列について詳しく書いたおすすめ本>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去数百万円を投資して得た情報や
ブログでは書きにくいことや私が重度の
アトピーを完治させたノウハウなどを
メルマガで無料で公開していますので、
下のバナーから登録してくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓