こんにちは!宇佐美です。

あなたは寝ている間に
湿疹が悪化している
ことを
知っていましたか?

今回は寝ている間に
湿疹を悪化させない
方法を
紹介したいと思います。

寝具は頻繁に変える

シーツはどのくらいの頻度に洗っていますか?
枕カバーはきちんと取り替えていますか?

寝ている間は、大量の汗をかきます。

その上、アトピーで傷んでいる皮膚を
パジャマやシーツに長時間押し付けて
いるのです。

背中のブツブツは寝具が問題なんです。

私も背中のブツブツをかなり長い間
悩んで
いましたが、寝具を変えただけで
かなり改善されました。

寝具を変えただけで治ったと言う声も
何人も聞いたこともあります。

顔のトラブルは一番気になるところ
だと
思いますが、枕カバーが汚れている
悪化してしまいます。

大変だと思いますが、
出来るだけ毎日変える
ようにしてください。

32f0968e732cc70df8c092f48005ea34_s

チクチクする素材の毛布はカバーをつける

ウールやチクチクする素材の毛布で寝ると、
皮膚を傷つけてしまうことがあります。

カバーを付けても細かい毛が
飛び出している
ので、
皮膚を刺激してかゆくなってしまいます。

毛布やふとんはホテルで使っている
ような
隙間のない綿のカバー
包んでください。

起毛のシーツもダメです。

ウールの毛布はカビが生えやすいので、
まめに手入れできない人は
綿の毛布を使う
とよいでしょう。

最近は、綿100%の肌に優しい寝具も
手ごろに
売っているので、試してみてください。

ハウスダストを減らす清潔な防ダニシーツ

ハウスダストを減らすことで
アトピーが
改善する人もいます。

ハウスダストとは室内にたまる
ホコリのことで、
アレルギーを引き起こす
いくつかのアレルゲンが
混合したものです。

例えば、ダニ、ダニの死骸、フケ、カビ
などですね。

実際に、アトピーの原因になっているのは
ハウスダストの中のダニやダニの死骸や
ダニの糞ですが。

そして、寝室のハウスダストの発生源は布団です。

布団の上げ下ろしをすると、
そのたびに
ハウスダストが舞い上がり、
床に落下する
までに最低3時間はかかるそうです。

ハウスダストを減らしてくれるふとんや
カバー(防塵カバー)もあります。

おすすめの防塵カバーです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【掛け布団カバー↓】

【敷布団カバー↓】

【枕カバー↓】

パイプ枕がおすすめです!!

ぜんそくの場合はダニの死骸を
吸い込んでも
発作を起こしますが、
皮膚にくっついて
湿疹を起こすのはダニのフンです。

つまり、大人のアトピーで問題なのは
死んだダニより生きたダニなのです。

ダニの大好物は人間のフケとアカですが、
フケやアカで最も汚れやすい寝具は
何だと思いますか?

枕なんです。

ダニのフンは水洗いすると
溶けて流れて
しまうので、
枕は丸洗いできるものを
使いたいものですね。

ポリエチレン製のパイプをカットして
詰めたパイプ枕がおすすめです。

でも、パイプ枕は静電気で
ホコリが
付きやすいので、
毎日、掃除機を掛ける
必要があります。

おすすめのパイプ枕はコチラ(洗える枕です!)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一つ一つ原因となるものを排除していくことが
アトピー改善のために大事になってきます。

ぜひ、今回紹介した寝具を試してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去数百万円を投資して得た情報や
ブログでは書きにくいことや私が重度の
アトピーを完治させたノウハウなどを
メルマガで無料で公開していますので、
下のバナーから登録してくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓