宇佐美です、

『テフロン加工』って
聞いたことありますか?

一番有名なのは、ティファールですかね。

テフロン加工されている焦げにくい鍋です。

汚れが付いてもツルっと落ちるという、
あの鍋です。

そんな主婦の味方である鍋なんですが、
実は昨年末、テフロンの商標を持つ
デュポン社が訴訟を起こされたのです。

「え!?私が使っている鍋って
 危険だったの!?」

と思うかもしれませんが、
実はかなり身体に有害な物質が
鍋に含まれているのです。

鍋が焦げ付かない理由、
それに人体に様々な病気を引き起こす
要因があります。

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s

テフロン加工って何?

「テフロン」とはデュポン社の商標ですが、
「フッ素樹脂」と同じ意味です。

フッ素樹脂は、
摩擦係数が非常に小さいため、
フッ素樹脂の加工をすることで、
鍋がツルツルになります。

つまり、鍋が焦げにくく
なっているのです。

しかし、この樹脂には弱点があります。

それは、
耐熱温度があまり高くない
という点です。

つまり、高温になると気化して、
有害ガスが発生してしまうのです。

普通に使えば、問題ないみたいですが、
空焚きをしてしまうことによって、
有害ガスが発生するようですね。

さらに、厄介なのが、
テフロンは体内で分解できない
ことです。

つまり、体のあらゆる部位に
溜まり続けるのです。

その結果、ガン、発達障害、自己免疫疾患、
重度のアトピーなど恐ろしい病気を
引き起こしてしまうのです。

もし、あなたが今、原因不明のアトピーで
悩んでいるのであれば、テフロン加工の鍋
が原因かもしれません。

なので、今すぐに使用をやめましょう。

さらに、
フッ素加工は、アルミニウムの素材に
施されるのですが、このアルミニウムも
非常に人体に悪い影響を及ぼします。

アルミニウムは『重金属』です。

水俣病やイタイイタイ病などの公害病を
引き起こしたのも重金属ですので、
どれほど有害なのかお分かりだと思います。

テフロン加工の鍋も使っている内に、
ほんのわずか剝がれ落ちることがあります。

また、フッ素とアルミニウムは
相性がとても良いです。

特に問題のない調理器具でも
フッ素が体の中に入っていた場合、
数倍もアルミニウムを吸収してしまいます。

どんな鍋を使えばいいのか?

「テフロン加工の恐ろしさは理解できたの
 ですが、どんな鍋を使えばいいのですか」

と思いますよね。

ということで、
私のオススメをご紹介します。

色々な鍋がありますが、
私は『ガラス鍋』を使っています。

おススメの鍋はコチラ↓

確かに料理は大変ですが、
焦げ付いた時は水に酢を入れて、
少し置いておくと剥がれやすくなります。

「そんなこと言っても面倒くさいです…」

確かに面倒くさいです。

ですが、恐ろしい病気になってから
では遅いのです。

自分の健康だけでなく、
子供や家族の健康を守りたいという
あなたはぜひお試しください。

宇佐美